天才を育てる「佳日そろばん教室」 起業家・高橋佳朗

「幸せになるためには、天才になるしかない」

一見突拍子もないコンセプトとともに、高橋佳朗くん(28)が昨年2月立ち上げた「佳日そろばん教室」(以下佳日)。新卒入社のソフトバンクを2年で退社した後、そろばん10段、全国大会優勝の圧倒的実力を武器に事業を始め、開業後3ヵ月で黒字化を達成した。初月は5人だった生徒数も、2年足らずで約150人に。今年8月には法人化も実現した。インタビューを貫くキーワードは「天才を育てたい」。富士見ヶ丘駅前にどっしり構えた教室で、佳朗くんの目指す生き方を聞いた。

ミッションは、天才を育てる

ーー佳朗、久しぶり〜(佳朗くんは、大学時代のゼミの友人です)。UNIQUES初のインタビューに協力いただき、本当にありがとう!早速ズバリの質問なんですが、佳日が目指すゴールを教えてください。

佳日のミッションは、「天才を育てること」。自由を手に入れて幸せになるためには、天才になるか、超ウルトラスーパーバカになるか、の二択しかないと思っていて。中途半端に知識や良識があると、「結婚しないと不幸」とか、「それって人としてどうなの?」みたいな周りからの批判に、いちいち心を痛めたり悩んだりしないといけないじゃん。それって幸せになることの、邪魔をするよな〜って。周りの目を気にせず、「いやいや、常識が間違っているんだよ」と堂々と言うだけの能力、スキル、自信をつけさせることが、最終的な目標。その能力の1つを、そろばんを通じて身につけさせたい、と。というのも、そろばんは「はじめの一歩」として最適なんです!その場ですぐ答えが出る上に、スモールステップでレベルアップできるから、確実に成長を実感できるんだよね。計算早ければ周りにも褒められて、自己肯定感もうなぎ登りですよ😌

常識を疑う思考力を身につけさせる

佳日では、そろばんだけじゃなくて、思考力も伸ばすよ。例えば「何で机に座っちゃいけないの?」みたいな質問をされたら、「何でだと思う?」って聞き返す。それでちょっと飽きてそうな生徒も混ぜて一緒に考えて、必ず自分なりの回答を出させる。子どもの発想力にびっくりさせられることも多いよ。この前生徒が、「水たまりからウナギが出て来た、と思ったらヘビだったよ!」って(笑)。大人だったら、水たまりからウナギが出てくるなんて発想、絶対できないよね。こういう子どもの感性は大事にしてしていかないと、と思う。結局そろばんに限らず伸びる子は、国語力が高い。だから佳日では、こんな問答みたいな応用問題を大事にしてます!

圧倒的な量を積み重ねよ

ーー佳朗は、そろばんという好きなものを見つけて、さらにそこで突き抜けられたよね。好きなものを発掘する過程と、そこで才能を開花できた方法をそれぞれ教えてほしい!

そろばんと出会ったのは完全に運!小学生の頃は宮城県の超ど田舎に住んでいて(日本一標高の高いアパートに住んでいたらしい)、家も全然裕福ではなかったんだけど、たまたま家の近くにそろばん教室の出張所が来ていたんだよね。で、値段が激安!ということで始めただけだから、俺には本当にそろばんしかなかった笑。最初からそろばんとは相性は良かったんだけど、本格的に打ち込み始めたのは引越し先の千葉で、スパルタの教室に通い出してから。週7日通って、土日それぞれ13時間そろばんやってたら、日本一になっていました🤗

ーー週7日でそろばんは、頭おかしい笑!

そう、最低限のセンスがあって、週7日・土日13時間そろばんやってれば、誰でも日本一になれるよ。天才は生まれるものではなく、成るものだから(キリッ)。逆に、積み重ねがないと、絶対に天才にはなれない。「神童」ってよく聞くけど、おとなで「天才」って言われている人はなかなかいない。神童が天才になれなかった理由は、積み重ねをしなかったから。その差だね。

ただ、今思うと俺がそろばんで日本一になれたのは、スパルタ教室で管理されていたことが大きいと思うんだよね。さらに突き抜けたいなら、自ら考えて、自ら動けるようにならないといけない。そんな思いもあって、佳日では、選手コースみたいなことはやらないし、長時間つきっきりの個別指導もしない。佳日は才能を発掘したり、モチベーションを維持する場で、後は生徒が自らどんな方法でもいいからやることが大事。

佳日そろばん教室は、京王井の頭線富士見ヶ丘駅徒歩1分

良いとされていることを、やめよう

ーー好きなことが見つかっても、やっぱりそこで突き抜けるのって大変じゃないですか。昔からやってる習慣とか思考回路ってある?

世の中で良いとされていることを、やめよう。

ーーちょっとよくわかりません(笑)。

例えば、「数学の勉強は、朝やった方が頭が働いて良い」とか、ハウツー本に書いてありそうなこと。否定はしないけれど、結局個人に合う合わないがあるので、あまり意味がないと思う。自分で自分に合ったやり方を考えることが大事。習慣については柔軟主義を徹底している!例えば「毎日外で素振りをしよう」と目標を決めたけど、台風が上陸して明らかに外に出られない…ってこともあるよね。そんな時に、室内で筋トレするとか、他の練習でも代替OK!という考え方。完璧主義にならないことを、完璧に徹底する、みたいな。

高3の時の夢は世界征服

ーー佳朗は高専を4年で中退して、大学はスペイン語学科に入ったよね。そういえば何でなの?

高3の時の将来の夢は世界征服だったんだよね笑。高専でドイツ語と英語をやっていたから、ヨーロッパと英語圏は征服できる。「南米を征服するにはスペイン語だよな」と思ってスペイン語学科に入った。

ーー私のメモに「南米征服」「スペイン語」しか書けなかったんだけど、大丈夫かな😇?でも高専を卒業してからでも良かったのでは?

高専は俺には合わなかったんだよね。情報工学科でプログラミングやってたけど、あまり興味が持てなかった。当時はIT出身のカリスマ経営者とか全然知らなかったこともあって、エンジニアは違うかなと。卒業まであと1年だったけど、時間を無駄にしたくなかったから。で、南米征服を目指して、スペイン語学科へ。

「クズ社員」のソフトバンク時代

ーーソフトバンクを2年で辞めて起業した訳だけど、ソフトバンク時代は、すごくつまらなそうだったよね。何を考えながら仕事していたの?

仕事はしてなかったね笑。無駄にトイレ行ったり、フロアを歩き回ったり笑。クズ社員の王様でした(キリッ)。

ーー今の姿からは想像つかないな(笑)。何がつまらなかったの?

官公庁・大企業向けの部署だったから、攻めた営業が無理だったし、導入が2年後とかで「いや、評価される頃には会社辞めてるよ笑」って。新規事業の部署とかだったら、もしかしたら今も働いていたかも。あと「こんなの常識だろ」みたいなマナーに馴染めなかったし、馴染む気もなかった。「僕はこう思う」と言っても聞く耳を持ってもらえないことも多くて、議論ができない環境だったことも嫌だったな。

仕事と日常を分けない

(トイレから戻って来て)あと、世界は繋がってるよ!と言いたい。

ーー(唐突だなあ。)

例えば、学校で覚えた四字熟語をすぐ日常会話で使ってみたり、スーパーで「ネギ98円を4本買ったらいくら?」って暗算したりと、学びと日常は繋がっているんだよ!と。その2つをつなげられれば、頭を使って考える回数が必然的に増えるから思考力が伸びて、より効率的に天才に近づける。そもそも学びと日常をくっつけた方が人生楽しいよ。

ーーその理論でいうと、ワークライフバランスはクソだということですか?

クソというか、THE・クソ(笑)。「え?仕事の8時間、ずっと我慢してるの?」っていう気持ち笑。100%幸せになるには、仕事とプライベートを分けずに、楽しいことを仕事にしていかないと。楽しいことを仕事にできれば、トップを目指せるし、自ずとAIやロボットにも淘汰されない実力が身につけられる。

徹底して自立した個人をつくる

ーー佳日株式会社の今後のビジョンを教えてください。

やっぱり俺は自立した個人が好きなんだよね。ということもあって、士業関連の事業は絶対やるよ。弁護士でも行政書士でも、士業って自分で仕事を選べて、自分の給料も決められる、ものすごく自由な職業。それにも関わらず社会的なステータスは高いし権威もある、ものすごくコスパの良い職業だと思うんだよね。個人的にも税金の仕組みを勉強するのが好きだから、自分も勉強して税理士やら司法書士の資格を取って、起業関連の面倒は全部みられるようになりたい。と言っても、結局ビジネスはどこかでつながるんだし、面白くて且つ利益化できれば何でもやるよ!富士見ヶ丘に王国を作る!って言って、水道のインフラ整備の仕事始めているかもしれないし。

ーー(あ、また変なこと言ってる。)

生きることに直結することは全部押さえたい。農業で食料も確保できるようにしたいし、水のためにも山も買いたい。日本が潰れても、個人で生きていけるようになりたい、と本気で思っているよ。それこそが、究極の自立した個人だと思う。

略歴起業家。富士見ヶ丘にて「佳日そろばん教室」を運営。そろばんの段位は10段、全国大会優勝の実績を持つ。高専で情報工学を学ぶも、4年で中退。その後上智大でスペイン語を習得し、新卒で入ったソフトバンク社を2年で退社、起業する。ちなみに陸上もすごい。大学から始めたにも関わらず、100m走と走高跳で上智大歴代1位の結果を残す(2013)。ニックネームは「よしろー」。
佳日のホームページはこちら。
https://kajitsu-soroban.com