変な人から学ぶメディア「UNIQUES」始めます。

Webメディア、UNIQUES(ユニークス)を立ち上げました!編集長のかないです。よろしくお願いします。UNIQUESは、一言で言うと身近で活躍する「変な人」の考え方や活動を伝えるWebメディアです。この投稿では、UNIQUESが目指すものと、その理由を書きたいと思います。

まずはUNIQUESの考える、「変な人」の定義を書いておきます。

・意志を持ち生き方を選択している人
自分のやりたいことを貫いている人。意志を持っている自覚がなくても、「好きなことを続けていたら、いつの間にかその分野のプロになっていた」という人も!

・常識にとらわれず挑戦している人
従来のやり方にとらわれず、独自の方法を生み出して挑戦している人。

・世の中をポジティブにしている人
例え本人に自覚がなくても!

最上級の誉め言葉として「変な人」と呼んでいます!変な人を紹介する理由も書いていきます。

  • 「好きに生きる」価値観を広めたい

「こんなことをしてみたい!でも…」と迷っている人の、初めの一歩を後押しする、そんな情報を伝えていくことが目標です。自分の信念を貫いて、おもしろおかしく生きている人の話は、「こんな生き方してもいいんだ!」と、働き方や暮らし方の選択肢を増やしてくれると思うのです。なぜ普通の人はしない選択をするに至ったか、どうやってその境地にたどり着いたのか…と、具体的な一歩を踏み出すヒントが満載の記事にしていくつもりです。メディアにこだわる理由は、好きに生きるための手段は整備されつつあるのに、考え方の方が追いついていないと感じるからです。例えば、個人事業を開業するためのサイト作り、税務関連の処理、パートナー探し、などの分野は、便利で簡単なサービスがどんどん増えています。一方、「出る杭は打たれる」といった考え方は、今も多くの人を縛り付けていると感じます。常識や世間体に捉われず、自分の望む人生を選べる価値観をもっと広めていきたいです。

  • 変な人からパワーをもらう

従来のメディアに登場している人は、すでに有名だったり、人気だったりする人が多いと思います。でも私の周りには、たとえ今は有名でなくても、強烈な個性を発揮して活躍している素敵な人たちがたくさんいます。私もそんな人を発掘するのがとても楽しみですし、彼らの活動をどんどん広めていきたいです。また、大企業の社長の起業ストーリーを読んでも、「すごい、でも私とは違う世界の人だから。」と思ってしまう人も多いと思います。一方、Facebookで頑張っている友達の投稿を見たら、「私も頑張りたい!」って俄然やる気がわいてくる感覚、ありませんか?「身近な」という部分にこだわるのは、その理由もあります。周りにいる変な人と学び合えるようなメディアを、みなさんと一緒に作っていきたいです。

  • 未知の存在を知るワクワク感

自分の想像もつかないことを知り、全く異なる未知の存在に出会う。新聞記者をしながら考え続けた結果、私はそれが本当に面白い情報の条件ではないか、と落ち着きました。仮に直接的に役に立たなくても「なんでその決断しちゃったの?!」とか「何がそんなに楽しいんだよ…笑」みたいな、自分の想像を軽々超えてくる人の話って、本当に面白いのです。何かに役立てることだけにこだわらず、みなさんの想像を上回る、面白い情報発信を目指します。

取材相手の選び方

取材させていただく方は当面、私の友人つながりに絞りたいと考えています。当分は私1人で運用することもありますし、「身近な」という部分を体現するなら、自分で辿って行ける範囲に限定するのが1番分かりやすいと思ったからです。今後は、読者の方から「こんな変な人がいるので取材してほしい!」というご依頼も受けられるよう、体力をつけていきたいと考えています。

ここまで読んでいただき、ありがとうございます!これからどんな変な人に会えるのかと、本当に楽しみで仕方ありません。従来は「雲の上の存在」だったメディアと、現実が混ざり合う感覚にも、とってもワクワクしています。このワクワクをたくさんの人と共有できるように頑張ります。UNIQUES、応援よろしくお願いします!

かない